廃 墟



かつて在りし街は水底に眠り
永遠の微睡みを魚たちがすり抜けてゆく
青闇が小路に佇み
鐘は夜明けを告げることを忘れた


墓石は緑を飾り
花持ちて訪れる者はもはやない
静寂は迎える死者も
悲しむ生者をも思い出すことがない


月影にたゆたう在りし日の街に
染み出した影の淡さよ
還らじの人々の夢よ


歳月の形を残したまま
ゆるやかに朽ちてゆく水底の街
目覚め得ぬ微睡みに沈む魚よ
夜明けを失った街に
青闇は佇んでいる






/BACK/